ブログ

Blog

世界のウチナーンチュがやって来た~

2019年03月21日 15:33:00

「メンソーレ!ワールドウチナーンチュ」

~1990年、世界のウチナーンチュがやって来た~

こんにちは久米仙酒造 営業の神田です。

2018年12月23日(日) 24日(月)に浦添市の国立劇場おきなわで公演されたドキュメント劇を見に行ってきました!
今回は、その時の感想と諸々を記事に書いてみました。


メンソーレ!ワールドウチナーンチュ

このドキュメント劇は、沖縄県で1990年に行われた第1回世界のウチナーンチュ大会が開催されるまでの
経緯やエピソードなどを描いたものでした。また、劇中には沖縄から世界各国へ移民した人々の歴史や
当時の人々が苦悩した思い出話を演じていました。他にも、ウチナーンチュとは何だろう?
ユイマールとは何だろう?さまざまなことを考えさせられました。
劇中の写真撮影はNGだったので写真を掲載することができませんが、
演劇を通して改めて感じるものや学ぶことがたくさんありました。
世界のウチナーンチュの日とは

今更なのですが、私が公演に参加した理由は、
私自身が移民した日系ウチナーンチュ1世の孫にあたるルーツを持っているからです。
簡単に身の上話をすると、幼少期を県外で過ごし、生活習慣は南米文化6割・日本文化3割・
沖縄文化1割の環境で育ちました。
県内外を問わず海外にいる親戚や同じような境遇を持った同年代と関わる中で、自分のルーツである
沖縄への思いが不思議と湧いていました。
そのような中で、社会人になってから沖縄への憧れから会社を辞めて移り住むことを決意し、
初めに興味を持ったのが『泡盛』でした。
就職活動を通じて久米仙酒造を知り、今では久米仙酒造で勤めさせて頂いています。
泡盛を飲んでみた

海外に親戚のいる私に、現地の日系ウチナーンチュから泡盛を飲んでみたい!どんな味がするの?
匂いは臭いってホント?など泡盛にとても興味があるようで、何度か送ったりしたことがあります。
こうしたことから、私が今抱いている目標は「世界中に『泡盛』を広めたい!」ということです。
2016年に沖縄県が集計した海外に住む県系人の人数が約41万人いることを発表しました。
これだけの日系ウチナーンチュがいて、私の知る親戚ですら泡盛を飲んでみたいと言っているのであれば、
世界中にはもっと多くの人々が同じようなことを思っているのではないか?と思いました。
今すぐに何かしら行動することやできることはないですが、いつの日か世界のウチナーンチュだけではなく、
世界各国の人達が泡盛を飲んでもらえるようになれたら良いなと思い、その為には何気ない日々の
営業活動を通して抱いている目標に少しでも近づけるようになれたらと考えています。

詳しくはこちら↓をご覧ください!

メンソーレ!ワールドウチナーンチュ

https://www.imingeki.com/

海外の沖縄県系人、約41万5千人 県が5年ぶり推計 | 5年に一度の祭典「世界のウチナーンチュ大会」特集 | 沖縄タイムス+プラス

https://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/66205


ご相談・お問い合わせはお気軽に。

098-832-3133