ブログ

Blog

「道の駅豊崎・彩々色畑」に行ってみた!

2019年03月18日 09:19:00
経済連

こんにちは久米仙酒造 営業の神田です。

今回は、道の駅豊崎の中にある「JAおきなわ食彩館・彩々色畑」に伺いました。

ここは那覇空港に近くて、車で約15分程で行くことができます。
観光旅行の最後に飛行機が来るまでの間に寄って行くには、最適な場所だと思います。

島人参

店内は、県内でとれた野菜や果物が並んでいて地元ならではの品揃えになっています。
その他にも県外から仕入れた物も置いてあります。写真は「島人参」で初めて見る方には、
細長い痩せた大根?(笑) という見た目で、県外ではあまり見ることがないと思います。
島人参は、沖縄に昔からある在来種で、味は少し甘くて柔らかく、ちょっと爽やかな香りがします。
食べられ方としては、豚のレバーや赤身肉と炒めたり、その他の野菜と一緒に炒めたりして料理されています。
それ以外にも汁物の具材としても調理されています。
琉球王朝時代には、薬膳料理として体力が付く滋養食とされていたそうです。

詳しくはこちらをご確認ください。→https://www.okireci.net/foods/yellow-carrot.html


パパイヤ

続いては、写真の中央にあるパパイヤです。パパイヤというとオレンジ色の果物を思い浮かべますが、
沖縄では熟す前に収穫して野菜として食べられることが多いです。その理由は色々とあるようですが、
説として葉野菜が少なくなる夏場に食べられるようになったことがきっかけのようです。
食べられ方としては、お肉と一緒に炒めたり、煮ると大根のような食感が楽しめたりと
さまざまな調理法があります。果物として食べることの多い県外の方には、
びっくりするようなお話だと思います。

詳しくはこちらをご確認ください。→https://www.okireci.net/foods/papaya.html


泡盛コーナー

その他にも店内には、お土産コーナーや泡盛コーナーもありました。忠孝酒造さんの地元とあって
品揃えは忠孝酒造さんが多かったですが、久米仙酒造のお酒も置いてありました。
「ぽてちゅう」「泡盛珈琲」「久米仙三角」など正直、商品が並んでいないと思っていましたが、
取り扱って頂いていたので嬉しかったです。
泡盛コーナー2

道の駅内には、ここ以外にも「てぃぐま館」という伝統工芸品を手作業で製作体験できる施設や、
沖縄を観光旅行する上でお得なクーポンや観光地に関する案内が書かれたフリーペーパーが置かれた
「情報ステーション」があります。インターネットや口コミだけではなく、
現地ならではの情報もあるかもしれません。
参考までに行ってみてはいかがでしょうか?

詳しい施設情報はこちらをご覧ください
http://www.city.tomigusuku.okinawa.jp/tourism_culture/140/548

JAおきなわ食彩館・彩々色畑
〒901-0225 沖縄県豊見城市豊崎3−86
098-850-8760


ご相談・お問い合わせはお気軽に。

098-832-3133