ブログ

Blog

【池原酒造】ファンとの絆で注目を集める酒造所【泡盛ガチャ酒造所紹介】

2022年05月27日 17:56:00


いつも久米仙酒造をご愛顧いただき、ありがとうございます。


『泡盛ガチャ石垣島編』のキャンペーンに

ご協力いただいていた石垣島の酒造所はどんな造り手なのか?

お酒の味わいや特徴などを取材しましたので、その内容を解説・紹介していきます!



今回の酒造所は池原酒造

石垣島の中心街から車で5分ほどのアクセスが便利な場所にあります。



池原酒造は1951年に創業で、今年創業71周年を迎える酒造所。

代表の池原優(いけはらゆう)さんは、26歳の時に3代目代表取締役に就任し、現在7期目。

池原さんを含め、2名体制の池原酒造はファンとの繋がりが濃く、

とても貴重なお話を聞くことができました。



ファンとの関係性を第一に考える酒造所



代表の池原さんは、


おいしいお酒造りはもちろんですが、お酒を通じていろんな人と繋がっていきたい。

ファンの方と楽しいことをやりながら自分も楽しんでやっていけたら


ファンとのコミュニケーションをとても大切にされる方


昨年10月に創業70周年を記念して実施された「白百合(しらゆり)ナイト」では、

代表銘柄の「白百合」好きのファンが100名ほど集まって、

音楽・お酒・料理のコラボを楽しむファンミーティングとして大いに盛り上がったそう。



今後は石垣島本島内の酒造所、6社でイベントをやりたい。


と自社だけではなく石垣島を盛り上げたいという池原さんの意気込みが印象的でした。

石垣島にある酒造所の社長は若い方が多く、関係性がすごくいいそうです。

瓶が足らなければ貸し借りするなど横の繋がりが濃いんだとか。



ファンも巻き込む、酒造所の魅力



池原酒造では、クラウドファンディングや星野リゾートさんとコラボして泡盛手作り体験アクティビティを実施して

お酒を購入した後の関係も深めているそう。


ファンの方と一緒に設備の塗装をしたり、ネットニュースの記事を書いたり、

ラベルの制作をしたり。


お酒造りに関しては伝統の味を守りながら、昔からのファンの方も大切にし、

新しいお客さんとの関係作りも池原さんならではの企画で広げているそうです。


「ファンとの関係が濃い分、時にはアドバイスをもらって酒造りにも活かされてる」

と、お客さまの意見を取り入れる速さや柔軟性も池原酒造の魅力と語ってくれました。



池原酒造のお酒はこんなお酒!



今回、泡盛ガチャに出品いただいたお酒は代表銘柄の「白百合

濃厚な味わいがクセになるお酒。


沖縄料理はもちろん、チーズを使った料理との相性も良いお酒で

他の泡盛とはまた違った個性のある泡盛でした。


池原酒造のお酒の特徴は”濃厚な味わい”。


お米の量に対して通常よりも多めの麹菌(こうじきん)を入れて、

麹作りの時に菌をたくさん増やすことと、

あえてろ過をすこし荒めにすること濃厚な味わいを実現しているそうです。



いかがだったでしょうか?


池原酒造はファンとの繋がりを大切にしながら、新しいことに挑戦している姿が特徴的な酒造所でした。


思い立った時にすぐに実行できるのがうちの強み


という、池原さんのフットワークの軽さを持ちながら

伝統も守る姿勢がファンの方をひきつけるんだとなと感じました。



泡盛ガチャ 石垣島編」は大好評につきキャンペーン期間終了前に完売いたしました。


引き続きご参加いただいている酒造所を紹介していきますので、

ぜひご期待ください!


ご相談・お問い合わせはお気軽に。

098-832-3133