ブログ

Blog

【実証済】家飲みで蓄えたお腹周りの脂肪を減らす方法(しかも運動一切ナシで)

2021年10月27日 13:42:00

いつも久米仙酒造をご愛顧いただき、ありがとうございます。

最近プチ断食にハマっている通販事業部カイです。


さて、

家飲みが増えて

お腹まわりの憎らしいお肉が増えてるのは

僕だけではないはず(笑)


そこで今回は、そんなお腹周りの脂肪を

カラダから絞り出す方法を紹介します。


実際、僕はこの方法で

ベルトの穴2つ分くらいのお肉が、

お腹周りから消えました。


(一応、学術論文に載ってる

 健康的な方法ですが、

 実践は自己責任でお願いします)。

何かと言うと、

冒頭で言ってますが「プチ断食」

「16時間断食」といって

1日に16時間空腹の時間を作るっていう方法です。


最初の2~3日は

空きっ腹がしんどいんですが、

4日目くらいから平気になってきます。


12時間何も食べていないと、

体内のエネルギーがなくなり、

そこからやっとカラダの脂肪が燃え始めるそう。


12時間で体内のエネルギーを空にし、

そこからさらに4時間の

脂肪燃焼の時間をきちんと設けることで

少しずつ自然に(運動なしに)痩せていく

というメカニズムです。


女性の場合は、

空腹時間を14時間ほどに抑える方が

悪影響が出づらいそうなので

この点ご注意くださいね。


しかも、

この「16時間断食」何気に凄くて

食べ物によって溜まっていた

血液内の老廃物が

きちんと代謝されたり、


肝臓を休める効果もあることから

お酒によるカラダへの悪影響も

きちんと代謝・排出してくれるそうです。


さらに、

空腹が続く中で、エネルギーを確保しようと

細胞内の古いタンパク質や不要なものを壊し、

そこから栄養を取るそうで、


結果的に、

細胞の新陳代謝が促され

カラダの炎症がなくなったり、

アンチエイジング効果もあるとか。

(記事参考:https://president.jp/articles/-/43358・医学博士による記事)


痩せるだけでなくて、こうした

数々の健康効果が期待できるそうなんです。


僕はこれにハマり、

さらに一歩進んで

週に3日は1日1食でも

大丈夫な体質になりました。


1日唯一の1食を夕食に持ってくると

何をどれだけ飲み食いしても良い

というのが気に入ってます。


お酒でも、甘いものでも

ラーメンでも、お肉でも…

何でも食べてもいいそうなんです。


実際、去年の健康診断で

メタボ認定を受けた僕ですが…

このプチ断食のおかげで2ヶ月ほどで

体重も3キロ落ちて

「脱メタボ」を果たしました。

これからは

食べ物が美味しい秋に、

楽しみな年末年始が控えた季節。


ご馳走の日は、

1日1食のプチ断食に挑戦して、

罪悪感なしに

ご馳走を満喫するのはいかがでしょう?


とってもオススメです!


さて、プリン体ゼロ、糖質ゼロ

1日1食プチ断食をしていれば

お酒の悪影響も最小限にできる


そんな夢のような商品が

弊社の泡盛ウイスキーです!


そしてウイスキーといえば

弊社の初めての本格ライスウイスキー

『沖縄 BLUE 8年』

先行販売企画の終了まで

残り48時間を切りました!


20%OFFの先行割引価格で手に入るのは

10/29(金)18時まで!ぜひお買い逃しなく!


プロジェクトページ:

https://www.makuake.com/project/kumesen02

ご相談・お問い合わせはお気軽に。

098-832-3133