ブログ

Blog

洋楽をツマミに至福の晩酌タイム

2021年09月23日 10:40:00


いつも久米仙酒造をご愛顧いただき、ありがとうございます。


なにかに没頭する時にお酒があればさらに没頭できたりしませんか?
映画鑑賞やスポーツ観戦、マンガ、ゲームなど人によっていろいろありますよね。

わたしは音楽を聴く時に酒を飲んで酔いしれるのが特に好きで、
日常から離れたようなあの感覚がもおたまりません。
その中でも特に洋楽を聞いている時間が最高の癒しです。



ということで今回は、ちょっと大人な
泡盛と合わせるのにおすすめの洋楽をみなさんとシェアしたいと思います。




わたしのおすすめはアメリカ出身の伝説の歌手、
Aaliyah(アリーヤ)




彼女が1stアルバムを発売したのがなんと15歳。
アルバム・タイトル「Age ain’t Nothing but a Number」は、
直訳すれば「年齢はただの番号に過ぎない」


クールな歌唱はアルバム全体で貫き通されているが、
どこか色気にも似た艶(つや)もある本当に良く仕上がったアルバムです。




おすすめの曲は、1stシングル”Back & Forth”と、

アルバム・タイトル・トラックの”Age ain’t Nothing~”です。


アルバム発売当時、わたしは15歳とはとても思えない彼女の歌声に驚き

「年齢はただの番号に過ぎない」を地で行く彼女の虜(とりこ)になりました。




彼女は2ndアルバム、3rdアルバムと順調にアルバムをリリースし
2000年には映画「ロミオ・マスト・ダイ」でスクリーン・デビューを果たしました。


しかし


2001年PV撮影を終えたバハマからフロリダに向かうセスナ機が離陸直後墜落。
22歳という若さでこの世を去りました。


当時、業界ではかなりの喪失感に包まれましたが、
ラッパーのDMXが
「俺は君が逝ったことに悲しくない。君は素晴らしく美しい女性だった。だから神様が君のことを欲しがったのだろう。」と語っています。



Aaliyah(アリーヤ)はスワヒリ語で「最高の存在」を意味するそう。


彼女がリリースした曲を聞き、
彼女の存在を感じながらお酒を飲むとまた一段とお酒がうまくなります。




そんな曲と合わせるお酒は久米仙Black35度
Black Music愛好家の私にピッタリのお酒です。


酒を美味しく飲む方法としてかかせないのが、


多めにグラスに入れた氷を一度流水で流して酒を注ぐこと。



霜が張った氷に直接酒を注ぐと酒が固くなるので
お酒を飲むときはいつもこの飲み方にこだわっています!



そしてさらに今が旬のシークワーサーをしぼってロックか炭酸で飲むのが私流です。


爪楊枝(つまようじ)をシークワーサーに刺してしぼれば
果汁がジュワ~っとたくさん出てきて極上1杯が完成します。


好きな音楽を聴きながら飲むお酒は本当に別格ですね。
今後もおすすめの音楽を紹介していきますのでご期待ください。





久米仙酒造公式オンラインショップでの
シークワーサーの実無料プレゼントは本日までです。
なかなか旅行にいけないこの時期にぜひ沖縄を感じてください。
お見逃しなく!



ご相談・お問い合わせはお気軽に。

098-832-3133