ブログ

Blog

【上級者向け】古酒の美味しい楽しみ方 vol.2

2021年06月10日 17:47:00

いつも久米仙酒造をご愛顧いただき、ありがとうございます。

前回大変好評だったので、今回も古酒の美味しい飲み方をご紹介します!

ですが、今日のは呑んベェの方向けです(^^;)

なにかというと…

タイトルにあるように『泡盛ちゃんぷるー』


「泡盛同士を混ぜて楽しむ」というものです。


ビールでも、ワインでも、日本酒でも、焼酎でも

なかなか同種のお酒同士を混ぜて楽しむっていうのはしないですよね。


ワインであれば、メーカーさんがブレンドして味わいをつくりこむ、というのはあるかもしれませんが、一般ユーザー側がお酒をブレンドして飲むっていうのはないと思います。


じゃあ、なぜ泡盛だけ「ちゃんぷるー(混ぜる)」ができるのでしょうか?


それは泡盛・古酒が37種もの香りを生み出す香味成分を豊富に含み、独自の蒸留方法によって旨みを生み出す成分も他のお酒に比べて豊富に含まれているからです。


平たく言うと「混ぜ合わせることで味わいが変化する成分がたくさん含まれているから」という背景…

実際沖縄では昔から、自宅の甕に泡盛を入れて寝かし、

飲んだ分は新しいお酒を足して、

その家々独自の泡盛を「育てる」文化がありました

(仕次ぎ・しつぎと言います)。


そしてご存知の通り、

古酒は香り高さや深い旨みを醸し出しますが、

一方古酒だけではお酒としての

キレが足りなくなりがちです。


そこに一般酒を足すことで、

お酒にキレや爽やかな口当たりを出し、

独自の美味しさを生み出すのです。

また古酒一般酒を混ぜることで

生まれる香りや旨みの変化は大きく

蔵元社員でも予想できない香りや旨みが

生まれる場合があります。


この変化はホントに意外性があって楽しい体験なので

ぜひ試してみてほしいです!


まぁ呑んべぇさん限定ですけどね(^^;)

ぜひお楽しみください♪


P.S. 混ぜるのにオススメのお酒ですか?

4つ選んでみました。


長期熟成古酒としてオススメなのは『くつろぎの時間』

https://kumesenshop.com/products/kutsurogitime

2005年蒸留の16年熟成古酒で、久米仙酒造のお酒の中でも傑作、と評判のお酒です。


普通の古酒としてオススメなのが『ブラック古酒 35度』

https://kumesenshop.com/products/35012

こちらは3年古酒ですが旨みと香りのバランスが絶妙で、2020年に東京で開催されたコンペで金賞を受賞しました。


一般酒としてオススメなのが『鯨 30度』

https://kumesenshop.com/products/kujira720

減圧蒸留のお酒で、スッキリした口当たりお米の甘みが古酒にキレとアクセントを与えてくれお酒です。


もう一点オススメしたい実は『泡盛MUNA67度』

https://kumesenshop.com/collections/highalcohol/products/muna671hon

蒸留した原酒をさらに蒸留にかけて、純度の高いお酒を取り出した実は贅沢な作りのお酒。高度数のため華やかな香りお米由来の濃厚な甘みで、ちゃんぷるーしたお酒にアクセントを加えるのに最適なお酒です。


ご相談・お問い合わせはお気軽に。

098-832-3133