ブログ

Blog

「沖縄そば」のいろいろな種類まとめてみた

2020年11月02日 18:09:00



いつも久米仙酒造をご愛顧いただき、ありがとうございます。

沖縄を代表する食べ物と言えば、皆さんどのような食べ物を思い浮かべますか?


私の経験上 必ずと言っていいほど名前があがるのが「沖縄そば」


そして、中でもよく聞かれる質問が「沖縄そば」と「ソーキそば」は何が違うの?というものです。実はその他にも地域や島によっても特徴があるのを皆さんご存知でしたか?


そこで簡単ではありますが沖縄にある「沖縄そば」の種類を今回は解説したいと思います。


①沖縄そば(軟骨ソーキ、三枚肉)

沖縄そばは、具材に三枚肉がトッピングされているそばを指すことが多いです。


ソーキそばは 豚の骨付きアバラ肉(スペアリブ)のことを指します。ソーキそばも、私が小さいころは、骨付き肉タイプが多かったのですが、近年はソーキと言えば軟骨ソーキが増えています。麵も平麵、丸麵、ちぢれ麵等様々です。

②宮古そば(具が下に隠れてます!)

※これは諸説ありますが、昔年貢の取り立てが厳しい頃、具もないそばで貧しさを主張したとも言われています。面白いですよね。

③てびちそば(豚足)

プルプルでコラーゲンたっぷり!!ですが、カロリーは高いので気を付けましょう(^^;)

④八重山そば(細麺で具が細いのが特徴です)

⑤有名店のそばぜんぶのせ!!(さて、どこでしょう?)


いかがでしたか?私は、離島出身ということもあり細麺好きなので、八重山そばが1番好きです。


昼食に召し上がるのも良いですし、飲んだあとのシメの一杯にもオススメ!

あなたも例えばGoToキャンペーンなどで沖縄を訪れた際は、お好みのそば探しを楽しんでみてください。

ご相談・お問い合わせはお気軽に。

098-832-3133