ブログ

Blog

これから乾燥していく秋冬…マスクによる新しい肌荒れにご用心

2020年10月22日 11:55:00

いつも久米仙酒造をご愛顧いただき、ありがとうございます。

最近は沖縄でもめっきり朝夕が肌寒くなってきましたが、内地は一気に気温が冷え込んできているようですね(汗)空気も乾燥してきて、体感的には気持ち良くても、肌荒れも気になってくる季節ではないでしょうか?

特に今年は、コロナの影響でほぼ毎日マスクをつけているため、肌への摩擦が増え、これによって「肌荒れ」を感じる人が大幅に増えているようです。実際最近、肌荒れによる皮膚科の受信数が増えている…との報道もあります。というのも…


これまでは暑さによる「汗・湿度・皮脂」が肌荒れの原因でした。

汗と湿度によって、皮膚の表面(角質部分)がふやけた状態になり、皮膚のバリア機能が低下して、それをカバーしようと皮脂が余計に分泌されて、肌荒れにつながる…というパターン。

一方これからの季節は…

暑さはなくなりますが、秋冬の乾燥が本格化します。

空気の乾燥だけでなく、気温が下がると皮膚の保湿機能が弱まります。すると、皮膚から水分がどんどん出て行ってしまい、それが肌の乾燥・肌荒れを招くことに…。ここに「ほぼ毎日マスク」という皮膚への摩擦がさらに加わります。皮膚のバリア機能がどんどん低下する要因がこれほど積み上がってしまうのです。今年の秋冬は、例年以上にスキンケアに気をつけた方が良さそうです。


◆ カラダの内側からも「肌の潤い」を保つ秘訣


肌の乾燥対策・スキンケアというと、化粧水や乳液、保湿クリームをイメージされる方が多いと思いますが、空気の乾燥だけでなく暖房による乾燥も加わると、それだけでは間に合わなくなります。「もっとなんとかできないかな…?」と思っている方も多いのではないでしょうか?


そこでオススメしたいのが、南国沖縄の美容と健康の秘訣「もろみ酢」です。

先日からいろいろな効能をお知らせしていますが、もろみ酢は「肌を保湿する効果のある天然成分」も豊富に含まれているんです。

実際、化粧品に含まれている「天然保湿成分」がもろみ酢には多く含まれています。

・アスパラギン酸 214mg

・アラニン 153mg

・セリン 114mg

・プロリン 127mg


これら全てが保湿を謳う化粧品にも配合されている「天然保湿成分」

しかも、もろみ酢に入っている「天然保湿成分」はこれだけではありません。

・イソロイシン 93mg

・グルタミン酸 300mg

・グリシン 132mg

・スレオニン 100mg


などなど、たくさんの天然保湿成分が豊富に含まれているのが「もろみ酢」です。


さらにこれらの成分は、一度破壊されたコラーゲンを修復したり、新たにコラーゲンを生成したり、肌の新陳代謝を促進して、ハリ・弾力・潤いを保つのに必要な成分でもあるため、美肌効果も期待できます。実際お客様からはこんな声も頂いています。

いかがでしょうか?秋冬の乾燥対策にピッタリだと思いませんか?


「カラダの内側からも保湿・潤いケア」という新しいアプローチで、今年の乾燥・今年の肌荒れに備えてみてはいかがでしょうか?


◆ 今なら送料無料&特別価格でお試し頂けます

今週月曜日からスタートしている「秋のもろみ酢キャンペーン」

今なら1本当たりの定価が2,000円のところ、1本あたり400円~750円値引きの特別価格でお試し頂けます。さらに沖縄からの送料1,307円についても無料。もろみ酢をお試しいただく最初のキッカケとして最高の機会になっております。


ぜひこの機会に、沖縄が誇る天然保湿成分がたっぷり入った「もろみ酢」をお試しください。

キャンペーンページは… → コチラ

ご相談・お問い合わせはお気軽に。

098-832-3133