泡盛を沖縄・那覇の蔵元直送で安心の久米仙酒造

ふるさと祭り東京2020の「全国のお祭り」集めてみた(お祭りリポート第二弾)

前回は久米仙酒造にスポットを当てて
ふるさと祭り東京の様子をお届けしましたが、
今回は、東京ふるさと祭りのイベント内容…特に
特設ステージで披露されていた
「地方のお祭り」
にスポットを当てて
リポートしていきたいと思います!

ふるさと祭り東京2020は、
2020年1月10日(金)から19日(日)までの
10日間開催されたんですが…

10日間の来場者は
実に44万3千人に登ったそうです!すごい!

沖縄で言えば…
那覇市と浦添市の人口を足しても
足りないくらいの大人数が1つのイベントで
東京ドームに詰め掛けたっていうのはビビりますね

なんとなく「沖縄の産業まつり」
パワーアップさせたくらいかな…って
思っていたらレベルが違いました(^^;)

まずは飲食店の数!

全国津々浦々から様々なお店が
所狭しと出店していました!

とてもとても全部回りきれないほどでしたが、
どのお店も各地元を代表する名店ばかり!

欲を言えば、出店しているお店
全部食べ歩きたかった!

そして、最も盛り上がっていたのが
全国各地のお祭りが一箇所で楽しめる
特設ステージでした!

今回は特別に、動画を撮れたお祭りを
全て1つの動画にまとめました!

お祭り気分をおすそ分け♪ぜひご覧ください!

動画にあるお祭りのご紹介

・郡上おどり
(400年歌い踊り続けられた伝統的な踊りだそうです)

・秋田竿燈(かんとう)まつり
(1つ50kg以上の竿燈をたった一人で支え、竿燈が立ち並ぶ姿は壮観でした)

・盛岡さんさ踊り
(女性ばかりの踊りで華やかさ・優雅さが魅力的な舞でした)

・石見神楽
(ヤマタノオロチとスサノオの闘いを描いた神楽が迫力満点でした)

・沖縄全島エイサー
(そして我らが沖縄代表!堂々とした踊りで会場を)

・青森ねぶた祭
(4トン超のねぶた、ハネトのダイナミックな踊りが躍動感満点でした)

そして、
負けず劣らず盛り上がっていたのが沖縄ブース!

泡盛業界で出店できたのは、
なんと瑞泉酒造さん久米仙酒造だけ!

本当に貴重な機会に参加させていただきました!
ありがたいですね♪

来店したお客様からもこんな投稿をいただきました!
ありがとうございます!

来年のふるさと祭り東京にもきっと出店できるはず!

こういった場での私たちへの印象が
多くの関東圏のお客様にとっての
「沖縄のイメージ」を形づくるもの…

沖縄県の代表として(勝手に?笑)恥じないよう2020年も頑張ってまいりたいと思います!今後ともご愛顧・応援よろしくお願いします!