泡盛を沖縄・那覇の蔵元直送で安心の久米仙酒造

真相究明

こんにちは!営業の赤嶺です。

業務店で、仕込み等にも良く利用されている泡盛。

泡盛はアルコール度数が高めの為、臭み消しや肉を柔らかくする作用に優れているそうです。

実際はそうなのか?
真相を究明する為、
今回は、うちの看板商品
『グリーンボトル』を使用し、
自己流で、沖縄の伝統料理

『スーチカー』を作ってみました。
※スーチカーとは、豚の塩漬け

用意するものは、シンプル!

グリーンボトルと豚バラ肉、生姜、長ネギ、塩だけ!
※自己流なので、参考程度に、、、

まずは、豚バラ肉の塊に、塩をまぶし、
肉全体に刷り込むように馴染ませ、
ラップなどに包み、
3~7日間冷蔵庫に保存します。

後は、チョーーーーーー簡単!
沸騰したお湯に久米仙グリーンボトルを投入。

さらに生姜、長ネギを入れ、
火が通るまで、煮込むだけ。

加熱すると、
肉が縮むと知らなかったので、
あんなにデカかった豚バラ肉が、たったの4切れ分…。

少しショックを隠し切れませんでしたが、
美味しそうに出来ました。
お味はと言うと、塩気が効いており、
久米仙グリーンボトルのおかげか
臭みもなく、柔らかく仕上がって、とても美味しいー♪

中毒性のコーレーグースに付けても美味しかったです!

作った後から、ネットで作り方を見ると、
長ネギと生姜はいらなかったみたい(アララ…)
泡盛(臭み消し)の役目が…(^^;)

以上でーす。