泡盛を沖縄・那覇の蔵元直送で安心の久米仙酒造

橋渡し

皆さん、こんにチワワ。久米仙アイドル祥子です!

今回は、ブリッジ特集をします。ブリッジといっても反り返るブリッジではないですよ。

橋のことです、橋幸夫さんでもないですよ。

ちなみに私の一番好きな橋は、横浜ベイブリッジです。

今回は、身近にあるよく交通路として使う橋を紹介します。

 

まずはこの橋
とよみ大橋


橋長445m 幅員25.3m

1993年開通

那覇市鏡原と豊見城市真玉橋との間にかけられた、沖縄発の斜張橋です。

とよみ大橋の名称は、「名高い」「美しい」「立派な」などを意味する。

とよみ大橋の完成により、那覇市周辺では交通が分散化され、

渋滞解消が図れたとのこと。

 

 

次にこの橋
爬龍橋(はりゅうばし)

この橋は漫湖をまたいでいる橋です。

那覇市と豊見城にまたがっています。

なつかしい、20数年前この橋を渡りデートして帰宅したなあ(^^♪

なんて、甘い果実の香りがする高校時代によく歩いた橋です。

沖縄では(はりゅうせん)と呼ばれる、船を漕いで競争する

「ハーリー」という行事があり、この漫湖でハーリーが発祥した説があり

この名称がつけられたとのことです。

 

 

次にこの橋
真玉橋

全長79.6m

幅30m

那覇市と豊見城市の間を流れる国場川にかかる橋。

真玉橋が建立された目的は、日常の政治目的水の保護、軍勢を那覇港に集結

させる為として建設されたとのこと。

以上、身近な三大メソポタミア文明の橋の紹介でした。

今度、私とあなたのお好きな橋渡ってみませんか?