泡盛を沖縄・那覇の蔵元直送で安心の久米仙酒造

今年最後の新商品 「鯨」

今年もあとわずかですが、皆様はやり残したことはございませんでしょうか?
久米仙酒造では、今年最後の新商品をご紹介します!
12月から東京・神奈川を中心とした沖縄料理店、沖縄居酒屋さんにて提供させていただいている「鯨 30度」。
しかも、琉球泡盛の聖地でもある沖縄では、まだ販売していない超レアな泡盛です。

<鯨の由来>

沖縄近海では数種類のクジラが確認され最も多く見られるのがザトウクジラ。

約15メートルもの雄大な姿で大海原を自由に泳ぎ、春から夏までの時期をアラスカ海峡など餌が豊富な北の海で過ごし、冬から春にかけて数千キロメートルもの距離をゆっくりと回遊しながら繁殖子育てのために暖かな沖縄の海を訪れる。

沖縄本島北部に位置する伊江島近海、那覇市に近い渡嘉敷島や座間味島近海など、ザトウクジラの遭遇率が高いエリアではホエールウォッチングが1月~3月まで盛んに行われる。ザトウクジラはから突如現れる巨大でダイナミックなパフォーマンスが観察するのに最も面白いクジラとして知られている。また、交尾や出産が行われるこの時期に時折聞こえてくる旋律をもった鳴き声はオスからメスへの「ラブソング(求愛の歌)」ではないかと考えられている。

世界中の海を悠然と回遊し、大らかさと包み込むようなやさしさで皆から愛されるクジラ。

琉球泡盛「鯨」も世界を回遊し、皆から愛される「酒」でありたい。

<商品特徴

青い海と空に囲まれた沖縄に伝わる伝統的な泡盛の製法を大切にしながら、低温発酵・減圧蒸留による軽快でまろやかな味わい。
度数も30度と飲みやすい度数に仕上げました。
その果実の様な香りと、すっきりした甘い味わいが初めての方にも泡盛のイメージが変わる逸品です。

琉球泡盛は、他のお酒と少し違い知るほど奥が深くいろんな飲み方を楽しむことができます。
また、いろいろな料理にもあうお酒です。
是非、ご賞味ください。

今年も久米仙酒造では新商品をご提案いたします。
来年も「一歩進んだ泡盛づくり」をモットーに皆様に喜んでいただける商品や泡盛をいろんな方に楽しんで味わっていただきたいです。
また、皆様が健康で良い年越しを迎えられよう願っております。